快適収納
快適収納

自然の呼吸が収納を快適にする

木には環境に応じて水分を吸ったり吐いたりして湿気を調整する機能があります。それはあたかも木自身が呼吸をしているかのようで、高気密な現代の住宅環境において、収納環境を穏やかに調整し、 快適な収納をお手伝いします。ヒロシュウは、日本古来から収納部材として適しているとされてきた桐板を組み合わせた収納を特にお奨めしています。
木の持つ湿度調整について
木には環境に応じて水分を吸ったり吐いたりして湿気の調整をする機能があります。それはあたかも木自身が呼吸をしているかのようで、高気密な現代住宅において収納環境を穏やかに調整します。見えない収納の中の部材ですが、木材を使った場合とメラミンなどの合板を使った場合では、収納環境に差が出てきます。
押入れについて
近頃押し入れのある家が少なくなってきました。とはいえ押入れはお客様用の布団や季節物の生活必需品などを収納するのに便利なスペースです。めったに使わないものを収納されるご予定ならなおさら収納物を快適に保管する木の部材がお奨めです。
桐板について
桐板には他の木材にはない収納に特に適した特性があり、古くから日本で使われてきました。 他の木材より通気性や吸湿性にすぐれ、防虫効果がありかつ湿気に強く、他の木材に比べ燃えにくい。という特性です。高温多湿の日本の気候に適した収納部材といえます。 また、木の成長が早くエコな素材であるともいえます。
桐板について
詳しい商品情報はこちら

           和室材カタログ