環境事業
環境事業

これからの地球を考えてヒロシュウが取り組むこと

循環型資源である木材を取り扱うこと・普及させること自体が 地球環境に良いことであるという自負はありますが、 ヒロシュウは常にプラスアルファで何か環境に対して貢献できないか考えています。 2008年から取り組んでいる木質ペレット「もえる君」事業に続き、 2013年から太陽光発電事業を開始しました。 ヒロシュウは微力ながら地球環境に貢献し続けます。
木質ペレット「もえる君」

ヒロシュウの木質ペレットは、高品質・高燃焼・安定価格

■ 造作材を加工する工程で出るカンナくずを固めて製造しています。
■ ヒロシュウの加工木材は100%乾燥材のため、ペレット製造のために原材料をわざわざ乾燥させる必要がありません。
■ 出来上がるのは直径6.5mm、木の皮などが含まれない高品質ホワイトペレットです。
■ 1日1トン、年間250トン程度の安定した製造を見込んでおり、常にストックしているので、安定した供給が可能です。

木質ペレット「もえる君」


木質ペレット「もえる君」

太陽光発電事業
木質ペレット「もえる君」
木質ペレット「もえる君」