住まいの木の紹介
樹種図鑑
ヒロシュウが、エコムク・エコムクワイド・ムク材・フィンガージョイント積層材などで主に扱っている木の種類をご紹介します。 このほかの樹種についてもお気軽にご相談ください。

レッドパイン[節有]
レッドパイン[節有]
欧州赤松といわれ、ヨーロッパ全域~シベリアにかけて分布しています。節が美しくヨーロッパでは家具材としてなくてはならない存在です。節は生き節中心ですが死節が入る場合があります。巾方向に収縮が大きいのも特徴です。
ラジアタパイン
ラジアタパイン
カリフォルニアが原産ですが、現在ではニュージーランドやチリなどで広く植林されています。成長が早いため木目は若干粗いのですが、それが木目の味となっています。柾目中心ですが板目が混ざります。小さな斑(フ)が入る場合があります。
米 栂
米栂
英名はウエスタンヘムロックで北米のアラスカ~カリフォルニア北部に分布しています。今では輸入木材の種類も多様になりましたが、輸入木材の代表格として人気は根強いものがあります。柾目中心ですが板目が混ざります。入皮が入る場合があります。
杉[赤白]
杉[赤白]
北海道・沖縄を除く日本全域に分布しています。非常に軟らかい材ですが触ってみるとやさしく暖かい材です。日本では古くから建築や家具などの材料として使用されてきています。表面は無節ですがゴマ節と 呼ばれる点々の木目が出る場合が有ります。正面や裏面・切断面には節が入ります。板目柾目混在です。
ホワイトアッシュ
ホワイトアッシュ
主に北米中東部に分布しています。白色~灰褐色の上品な色合いはクリア塗装でも着色塗装でも非常に美しく仕上がります。全体に白い木ですが、それゆえに木材の赤身の部分の濃淡が目立つ場合があります。柾目中心ですが板目が混ざります。
レッドオーク
レッドオーク
北米東部に分布しています。硬さではホワイトアッシュに引けをとりません。赤みの強い色合いが特徴で、塗装することで木目が強調されワイルドで美しい仕上がりになります。虎斑(トラフ)が現れ、材の並びや塗装によって目立つ場合があります。柾目中心ですが板目が混ざります。
ホワイトオーク
ホワイトオーク
北米東部に分布しています。レッドオークよりも更に硬い木材です。塗装することで木目が強調されワイルドで美しい仕上がりになります。虎斑(トラフ)が現れ、材の並びや塗装によって目立つ場合があります。柾目中心ですが板目が混ざります。
メープル
メープル
カエデ科の木材で北米などで産出されます。白色から淡いピンクで肌目は緻密で繊細です。小さな斑(フ)や茶色の入り皮が入る場合があります。柾目中心ですが板目が混ざります。
ブ ナ
ブ ナ
欧州ではビーチと呼ばれ親しまれている木材です。肌目が緻密で繊細です。小さな斑(フ)や茶色の入り皮が入る場合があります。柾目中心ですが板目が混ざります。
タ モ
タ モ
北日本やロシアなどで産出されます。はっきりしているが品格のある木目が特徴です。柾目中心ですが板目が混ざります。
ゴム[ラバーウッド]
ゴム[ラバーウッド]
南米ブラジル原産で、東南アジア、南太平洋地域が主な産地です。比較的柔らかくて加工がしやすくソフトな印象の木目と、滑らかな肌触りが特徴です。色は灰白色から淡黄色の白っぽい木材です。
ナラ
ナラ
日本全土でも広く分布しており、硬い木材で落ちついた薄茶色をしています。柾目材には「虎斑」といわれる特徴的な木目が現れます。タモ材同様にムクの家具などで人気があります。
ウォールナット
ウォールナット
ウォールナットの主な産地はアメリカの中央部〜東部で、落ち着いた濃い茶褐色の木材です。インテリアのアクセントとして存在感を発揮します。
桧[節なし]
桧[節なし]
日本特有の木材で、狂いが少なく、耐湿、耐水性が良く、保存性が高い。古くから寺院や仏閣などの高級建築材として使用されており、肌目は精で、表面を上手に仕上げると特有の光沢を出すことが出来る。和室材などとしても使用される木材です。